株式会社オークマ

ホームオークマについて  社長挨拶

本当の「豊かさ」や「ゆとり」のある快適環境を提案していきたい
明治44年創業以来、オークマは家を見つめ、人を見つめ、日々変化する社会情勢に耳を傾け、多様化するニーズに的確にお応えしてまいりました。

初代が興した大隈建具製作所から早100年。数多くの製品を世に送り出しましたが、それらは時代と共にその質を変えてきたように思えます。また、そうでなければ弊社がここまで発展することは出来なかったことでしょう。

住宅用の内装ドアを中心に、障子、襖、階段、床材と、人の暮らしに密接につながる製品を提供している事業内容は、地域社会の中で生かされ、共に発展するものだと考えてまいりました。近年は、モノ優先、経済優先の市場論理から、精神のゆとりや安らぎを第一に考える人間優先の論理へと、価値観は変わりつつあります。企業環境の変化を踏まえ、私たちは商品をお客様の視点からとらえ、お客様に商品と一緒に満足と感謝を買って頂く事を基本姿勢としています。

お客様と共に、地域と共に。
私たちは社会における役割を様々な側面から捉え、本当の「豊かさ」や「ゆとり」のある、AMENITY(快適環境)を提案していきたいと考えます。